ドイツ フルボ酸有機認定

7月 11, 2009 10:52 pm | カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ミヤモンテ フルボ酸はJAS登録外国認定機関 ビシーエス・エコ・ギャランティー・ジーエムビエイチから有機認定を受けた。

広告

アロエとフルボ酸

7月 5, 2009 3:44 am | カテゴリー: 未分類 | アロエとフルボ酸 はコメントを受け付けていません。

ミヤモンテ メキシコで栽培抽出されているアロエエキスやミヤモンテ フルボ酸100%は日本国内でのバルク販売、OEMは受けていません。

ミヤモンテ フルボ酸は腐食物質中(フムスエキス)フルボ酸100% フミン酸は含みません。

ミヤモンテ アロエエキス、ミヤモンテ フルボ酸は麗納株式会社が総販売元です。

2009年7月4日

ミアモンテ S レアナゲン キャンペーン

5月 3, 2009 8:48 pm | カテゴリー: ミヤモンテ ニュース, 連絡事項 | ミアモンテ S レアナゲン キャンペーン はコメントを受け付けていません。

ミアモンテ 12周年 キャンペーン

ミニ ボトル プレゼント

最寄りのサロンにお尋ねください。

回収概要

4月 3, 2009 5:26 pm | カテゴリー: 未分類 | 回収概要 はコメントを受け付けていません。

日本国内で輸入業者が輸入表示不備の為に自主的に行った回収です。回収が行われ回収が完了した報告は受けていませんので何の為の回収なのか意味がわかりません。大阪薬務課には表示不備に対する回収権限はありませんと回答をいただきました。

回収指示は神戸薬務課が出した有限会社レミアが神戸事務所から持ち出しミアモンテ業務用を手詰めして販売されていた製品です。

ミヤモンテ コンセプト

2月 19, 2009 5:16 am | カテゴリー: 連絡事項 | ミヤモンテ コンセプト はコメントを受け付けていません。

ミヤモンテのコンセプトは髪に良いものは皮膚にも良い化粧品.
アルコールはサトウキビから抽出しているので肌にも優しいアルコール、水はナノ粒子までクラシュされた極め細かくメキシコ ミヤモンテ社では飲料会社に水も提供しています。
アロエは自社農園で栽培したアロエをアルコール抽出しています。無駄のないシンプルなミヤモンテソリューションです。

シャンプー、コンデショナー、スキンクリームはメキシコ国立大学にて国際規格にあった製品開発された製品ですので安心して誤使用いただけます。

飲用してよい物は土に入れて植物を育て、その植物を食する事でより健康に導く事です

ミヤモンテ社では、飼料の開発を1980年代にしていました。そのノウハウが進化してフルボ酸抽出に成功しました。選び抜かれた植物性材料を培養技術で製造しています。
匂いはサトウキビなので、キビ酢などに近い匂いがします。色は原液880%は茶色です。
腐食酸は含まれないフルボ酸なので、腐敗、発酵臭はしません。

ふさふさ屋 半額ミアモンテ

2月 4, 2009 2:23 am | カテゴリー: 未分類 | ふさふさ屋 半額ミアモンテ はコメントを受け付けていません。

今日、麗納会社のお問い合わせがありました。
インターネットサイト ふさふさ屋で半額のレナチュレーションを購入しているので
半額で購入できないかとのお問い合わせです。
元レコンマジャパン、元レミア、現在はひまわり株式会社の古澤氏の運営するふさふさ屋でのインターネット販売です。福岡市内では、ミアモンテ業務用の手詰め製品の販売も確認されています。
もちろん、古澤氏から購入した事も確認できています。

フルボ酸

2月 2, 2009 4:36 am | カテゴリー: フルボ酸 | フルボ酸 はコメントを受け付けていません。

ミヤモンテ製造のフルボ酸には、フミン酸はふくまれません。

一般のフルボ酸と言われる、物質の多くは腐食物質中のフミン酸中に含まれるフルボ酸の事を言っています。ミヤモンテ フルボ酸は水分、ミネラル、灰分とフルボ酸が含まれます。

フルボ酸濃度は、使用目的で調節しています。

サプリメントとしての許可、動物臨床で安全性も確認されています。

ミヤモンテ フルボ酸は吸着力に優れ、重金属の運搬がスムーズなので、化粧品などのミネラルの沈着、体内のデトックス効果、土壌改良、海ではフルボ酸鉄の活動がプランクトンをはぐくみ毒性を無毒化します。

地球上、生物には必須成分なのです。

ミヤモンテ フルボ酸の発見は、梅澤博士考案のUSB土作りは健康の基本,地球の健康に感銘を受け、メキシコでUSBコンポストを製造した事に始ります。USBコンポストで育てる植物は、たいへん早く成長し、美味しくできました。そしてUSBコンポスト中の腐植物質中には多くのフルボ酸が含まれることが解りました。ミヤモンテ メキシコでは、肥料用USBとは、別にUSBを利用しないでフルボ酸開発に取り組みました。ミヤモンテ フルボ酸は、このように梅澤博士の理念に基づき製造され現在に至ります。ミヤモンテ フルボ酸はは梅澤博士、宮山博士、メキシコ農業大学教授など、多くの先生方の意見と努力で生まれました。そして、ミヤモンテはより良い製品の発見と開発に日々精進いたしております。

WBSAサロン ヘッドスパのお薦め

1月 10, 2009 6:52 pm | カテゴリー: WBSA | WBSAサロン ヘッドスパのお薦め はコメントを受け付けていません。

ミヤモンテは、WBSA 健康を考えるサロン共同機構での取り組みに協力しています。

サロン内でのヘッドスパ用製品

お客様の頭皮の健康と髪の健康を考えるサロンにお薦めです。

脱毛が気になる方、細毛などの髪の健康が気になる方に、、、

通常価格はミアモンテ レアナゲンシャンプー240ml.  6,300円
WBSA業務用レアナゲン シャンプー 960ml. x 4本(1ガロン) 特別価格

WBSA業務用サロン価格につきましては、お取引WBSA認定デーラーにお問い合わせください。

通常価格はミアモンテ レアナゲン 60ml. 12,000円
WBSA業務用 ミアモンテ レアナゲン 480ml    特別価格

あけましておめでとうございます。

1月 3, 2009 5:36 pm | カテゴリー: 連絡事項 | あけましておめでとうございます。 はコメントを受け付けていません。

麗納株式会社は、元ミヤモンテ販売元が2007年夏のミアモンテ製品への侮辱広告、筑波大学では、開発者に無許可でフルボ酸実験の強行、秋にお客様からの預かり金1500万円の無許可移動、返金拒否などの横領事件、そして元ミヤモンテ輸入元コーワ株式会社の怠慢業務とレミア有限会社はミヤモンテ社への不払い製品を持ち出した製品での違法製造、怠慢運営による自主回収命令が重なりミヤモンテ製品の日本で輸入が困難になったのを受けて新規にミヤモンテ日本窓口として麗納株式会社は設立されました。

元販売元のレミア有限会社もミヤモンテ会長 林 由美による出資で設立されましたが

設立当時、名義登録(2004年3月)していた加賀谷氏が2007年2月に奥貴江子氏に無償譲渡した報告を丸山顧問(酒造メーカーの八海山の元顧問であったと言う事で奥貴江子氏の紹介で2004年11月から有限会社レミア顧問就任)から2007年11月に報告がありました。

その為に、皆様には、流通上の問題でご迷惑をかけた事と思いますが

レコンマ時代には、レコンマジャパンの資金使い込みにより、ミヤモンテ社には注文はありませんでした。レミア有限会社になってからも在庫報告はありませんでした。

私は、以前から日本国内でのミヤモンテ製品に関連する問題を出来る限り解決してきました。

レコンマジャパン借金、レコンマレーテスト借金、古澤氏、加賀谷氏が商標で控訴された件も商標はミヤモンテ社が預けただ商標である事で全面勝訴しましたが、1000万円の奥貴江子氏紹介の弁護士費用(契約なし)は一括払いが日本の常識だと奥貴江子氏、丸山顧問に言われましたが、丸山顧問の担保保証で、特別にローンを認められ支払っていました。しかし、この支払いは倫理的には疑問が残ります。加賀谷氏、古澤氏の収入に対する弁護士料、一括払いは倫理的に日本国内では常識なのか?そして、すべての支払いが終わると同時にレミアは私の前から消えたと言えます。

私の会社である事が前提であったレミア有限会社は借金の支払いを優先してきたので有限会社レミアには、ミヤモンテ社への支払いが、現在も約4000万円あります。それは支払われるのでしょうか?レミア有限会社の代表取締役代表に内容証明を送りましたが返答がありませんでした。ミヤモンテ窓口代表取締役、顧問が自らが特約代理店にミヤモンテ社、ミアモンテ製品の不振を招く話題を提供し、元特約代理店と新会社(ひまわり株式会社 アルビーン販売元)を設立し、ミヤモンテとは無関係なミヤモンテ代用品の販売をしています。

今後は刑事告訴する所存でございます。

麗納株式会社では、社名は折り目正しく奇麗に納める事を願い社名としました。

そして、在庫管理とミヤモンテ社への報告を徹底し、ご迷惑の無いように徹底いたします。

ミアモンテはミヤモンテ社のオリジナルブランドです。再生本舗ミヤモンテ社としてプライドを持って販売したいと思います。

国内での販売はサロン中心のレアナゲンシリーズを中心にミアモンテ製品のブランド化とフルボ酸事業の確立に精進を重ねていきます。

ミヤモンテUSA

麗納株式会社

追伸:医師のライセンスの番号などが開示されているか興味のある方は下記にお問い合わせください。

厚生労働省 医政局 医事課 試験免許室 免許登録係
電話 (代)03-5253-1111(内線2576,2577)

*現在日本在住で、2年ごとに登録を最新している医師のデーターが検索できます。

医師のライセンス番号は公開されません。医師ライセンス番号は悪用される事が一般的には懸念されるので公開はされません。

メリークリスマス

12月 23, 2008 8:19 pm | カテゴリー: 連絡事項 | メリークリスマス はコメントを受け付けていません。

2007年はミヤモンテにも麗納株式会社にも波乱の年でした。

しかし、ミヤモンテ愛好者に支えられ、ほぼレミア時代の売り上げに戻りつつあります。

本当に感謝いたします。今後ともご支援のほどお願いいたします。

しかし課題は山積みです。

現在も薬務課に密告などの嫌がらせに努力している元レミア特約代理店関係者もいるようですが、私たちは、正規に輸入して、正規代理店に販売しています。正規に販売する店舗が正規の輸入シールを張り替える理由がありません。

現在の麗納株式会社の所在する芦屋とレミアの倉庫六甲から持ち出した在庫が

自主回収後もネット上で販売されていますね。

麗納株式会社ではサロンが運営するネット販売以外は出荷していませんので、それらはコーワ株式会社が輸入代行してレミア有限会社で輸入シールを貼っていた自主回収製品です。

製造許可のない手詰め製品を販売しても、薬務課は何もしないのにどうしてでしょうね?

レミアの奥氏は当時、メールに薬務課の事は終わりましたと堂々とミアモンテ手詰め製品を販売されていましたよね。

なのに、どうして大阪薬務課は東京薬務課に連携してミヤモンテ製品の輸入シールの件でミヤモンテ特約代理店に行くのでしょうか?大阪薬務課にミヤモンテ社として麗納株式会社としてお訪ねしましたが答えがありません。

ミヤモンテはコーワ株式会社の怠慢業務に関しても弁護士と相談中です。

ミヤモンテ製品の内容、在庫問題もありません。

すべてが、有限会社レミアと特約代理店の茶番劇です。

コーワ株式会社の怠慢業務、有限会社レミアの悪事で皆様に迷惑をかけた事は

今後、刑事告訴、民事で戦う所存でございます。

Yumi Hayashi  De. Miyayama

« 前ページへ次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.